2018.05.16 Wednesday

「生かされた意味」詩編1:1-6

0

    <聖書>

    1:1悪しき者のはかりごとに歩まず、
    罪びとの道に立たず、
    あざける者の座にすわらぬ人はさいわいである。
    1:2このような人は主のおきてをよろこび、
    昼も夜もそのおきてを思う。
    1:3このような人は流れのほとりに植えられた木の
    時が来ると実を結び、
    その葉もしぼまないように、
    そのなすところは皆栄える。
    1:4悪しき者はそうでない、
    風の吹き去るもみがらのようだ。
    1:5それゆえ、悪しき者はさばきに耐えない。
    罪びとは正しい者のつどいに立つことができない。
    1:6主は正しい者の道を知られる。
    しかし、悪しき者の道は滅びる。

    口語訳聖書(1955年版) 詩編1:1-6

     関根正雄という人は、「悪しき者が自分以外の人間であると考えてはならない」という趣旨のルターの発言を間接引用しつつ、次のように述べている。

    「(前略)ルター的に言えば十字架の光に照らされる時、われわれは神の前に完全な罪人として、同時に完全な義人として立つのである。」(『関根正雄著作集第十巻詩編註解(上)、新地書房、1980年、31頁』)

     義人は今回の聖書の箇所で「正しい者」と訳されているヘブライ語の直訳である。

     

     クリスチャンになるということは、罪人でなくなるということではない。「赦された罪人」になるということだ。

     「罪人」とは、必ずしも犯罪者のことを意味しない。「神に対する」罪人のことである。そして聖書は、神の子たるキリストの他に、罪人でない人間は一人もいないと教える。

     

     風に吹き去るもみ殻のごとく、滅びなければならないのは私自身なのだ。死ななければならなかったのは、私だったのだ。キリストが十字架の上で死なれたのは、滅びゆく者の救いと赦しと再生のためであった。

     

     だから、私は「赦された罪人」として生きる。私の代わりに失われたすべての命を思いながら。

     「流れのほとりに植えられた木」は、終わりの日に向かって、実を結びつつある。この身が衰え、倒れ伏そうとも、贖われた命は、自分が生かされた意味を問い続ける。

     

    久居新生教会牧師 霤朕心鄂

    2018.05.09 Wednesday

    「内ポケット」ルカによる福音書3:1-14

    0

      <聖書>

       3:1皇帝テベリオ在位の第十五年、ポンテオ・ピラトがユダヤの総督、ヘロデがガリラヤの領主、その兄弟ピリポがイツリヤ・テラコニテ地方の領主、ルサニヤがアビレネの領主、 3:2アンナスとカヤパとが大祭司であったとき、神の言が荒野でザカリヤの子ヨハネに臨んだ。 3:3彼はヨルダンのほとりの全地方に行って、罪のゆるしを得させる悔改めのバプテスマを宣べ伝えた。 3:4それは、預言者イザヤの言葉の書に書いてあるとおりである。すなわち

      「荒野で呼ばわる者の声がする、
      『主の道を備えよ、
      その道筋をまっすぐにせよ』。
      3:5すべての谷は埋められ、
      すべての山と丘とは、平らにされ、
      曲ったところはまっすぐに、
      わるい道はならされ、
      3:6人はみな神の救を見るであろう」。

       3:7さて、ヨハネは、彼からバプテスマを受けようとして出てきた群衆にむかって言った、「まむしの子らよ、迫ってきている神の怒りから、のがれられると、おまえたちにだれが教えたのか。 3:8だから、悔改めにふさわしい実を結べ。自分たちの父にはアブラハムがあるなどと、心の中で思ってもみるな。おまえたちに言っておく。神はこれらの石ころからでも、アブラハムの子を起すことができるのだ。 3:9斧がすでに木の根もとに置かれている。だから、良い実を結ばない木はことごとく切られて、火の中に投げ込まれるのだ」。3:10そこで群衆が彼に、「それでは、わたしたちは何をすればよいのですか」と尋ねた。 3:11彼は答えて言った、「下着を二枚もっている者は、持たない者に分けてやりなさい。食物を持っている者も同様にしなさい」。 3:12取税人もバプテスマを受けにきて、彼に言った、「先生、わたしたちは何をすればよいのですか」。 3:13彼らに言った、「きまっているもの以上に取り立ててはいけない」。3:14兵卒たちもたずねて言った、「では、わたしたちは何をすればよいのですか」。彼は言った、「人をおどかしたり、だまし取ったりしてはいけない。自分の給与で満足していなさい」。

      口語訳聖書(1954年版) ルカによる福音書3:1-14

       五月六日の説教で、次の言葉を引用した。

      われわれがキリスト者であるということは、今日ではただ二つのことにおいてのみ成り立つだろう。すなわち、祈ることと、人々の前で正義を行うことだ。」(『抵抗と信従』、新教出版社、346頁)

       しかし、引用した後で、何かもやもやしたものが胸に残っていた。さっき、ようやく何が引っかかっているのか、分かった。「人々の前で」という言葉だ。

       

       彼は人々の間でとも、人々に隠れてとも言わなかった。彼が語ったのは「公然と正義を行う」ことだったのだ。

       キリストは善行を隠れたところで行えと命じた(マタイによる福音書6:1-4参照)。同時に「山の上にある町は、隠れていることができない」(マタイ5:14)とも言われた。つまり、正義を隠れて行え、また公然と行えと命じたのだ。この二つの事柄は必ずしも矛盾しない。

       人からの誉れを受けることが分かっている場合、あるいはそれを期待している自分がいる場合、正義は隠れて行われなければならない。公然と行うことで、人々が自分ではなく神を賛美する場合、正義は公になされなければならない。栄誉がどこに帰されるかによって、表と裏は決まる。ボンへファーが「人々の前で」と言ったのは、それが「神の栄誉」に関わる事柄だったからだ。

       

       洗礼者ヨハネは「悔改めにふさわしい実を結べ」(3:8)と叫んだ。聖書はこの世界に終わりがあることを教える。終わりの日は審判の日であり、救済の完成の日である。その日に備えて罪を悔い改めよと言うのである。

       

       私はきっと、ボンヘッファーやキング牧師のようにはなれない。なろうと思ったこともない。人の目には小さく映ろうとも、私には私の正義がある。神の栄誉に関わる限り、それを公然と行うだけだ。

       イエスという方が私に望むこと、それが私の正義だ。そんな正義は、実のところ、手の届く場所にあるのではないか。なんとなれば、義とは神の賜物に他ならないのだから。内ポケットを、確認しておかなくては。

       

      久居新生教会牧師 霤朕心鄂

      2018.05.02 Wednesday

      「慰めの抱擁」マタイによる福音書5:4

      0

        <聖書>

        5:4悲しんでいる人たちは、さいわいである、
        彼らは慰められるであろう。

        口語訳聖書(1954年版) マタイによる福音書5:4

         慰められる「であろう」とわざわざ訳されているのは、原文のギリシャ語が「未来形」で書かれているからである。この未来形が意味するところは、将来、「歴史の終末」において、悲しんでいる人々が真正な慰めを受けるということだ。

         聖書における「終末」は、確かに恐ろしい裁きの時でもあるが、同時に神がすべての涙をぬぐい去ってくださる慰めの日でもある。

         

         旧約聖書には、やがて起こるメシア(キリスト)の到来において、贖い(救済)と終末が共に実現すると書いてある。贖いと終末はセットなのである。だから、キリストが「彼らは慰められるであろう」と言われた時、ほぼ間違いなく、「贖いと終末」の両方を念頭に置いていた。終末だけではないのだ。

         「贖い」とはキリストの誕生、十字架と復活における「罪の贖い」のことである。

        5:4悲しんでいる人たちは、さいわいである、
        彼らは慰められるであろう。

         涙の国の悲しみを知る人は、やがて十字架のキリストに出会う。悲しみは贖いの内に置かれ、涙は慰めの抱擁を受ける。

         

         「悲しんでいる人たち」と聞く時、思い浮かぶ顔がある。彼らはいつか十字架のイエスにお会いするだろう。もしくは、その悲しみは既に贖いの内に置かれているであろう。

         十字架あればこそ、終末は希望となる。すべての涙が拭われる日まで、生きてゆく。

         

        久居新生教会 牧師 霤朕心鄂

        2018.04.25 Wednesday

        「当たり前のこと」ルカによる福音書2:41-52

        0

          <聖書>

           2:41さて、イエスの両親は、過越の祭には毎年エルサレムへ上っていた。 2:42イエスが十二歳になった時も、慣例に従って祭のために上京した。 2:43ところが、祭が終って帰るとき、少年イエスはエルサレムに居残っておられたが、両親はそれに気づかなかった。2:44そして道連れの中にいることと思いこんで、一日路を行ってしまい、それから、親族や知人の中を捜しはじめたが、 2:45見つからないので、捜しまわりながらエルサレムへ引返した。 2:46そして三日の後に、イエスが宮の中で教師たちのまん中にすわって、彼らの話を聞いたり質問したりしておられるのを見つけた。 2:47聞く人々はみな、イエスの賢さやその答に驚嘆していた。 2:48両親はこれを見て驚き、そして母が彼に言った、「どうしてこんな事をしてくれたのです。ごらんなさい、おとう様もわたしも心配して、あなたを捜していたのです」。 2:49するとイエスは言われた、「どうしてお捜しになったのですか。わたしが自分の父の家にいるはずのことを、ご存じなかったのですか」。 2:50しかし、両親はその語られた言葉を悟ることができなかった。 2:51それからイエスは両親と一緒にナザレに下って行き、彼らにお仕えになった。母はこれらの事をみな心に留めていた。

           2:52イエスはますます知恵が加わり、背たけも伸び、そして神と人から愛された。

           

          口語訳聖書(1954年版) ルカによる福音書2:41-52

           「探す」ではなく、捜索の「捜す」という言葉が四回も使われている。両親は生きた心地がしなかっただろう。家族が行方不明になった経験をしている者なら分かるはずだ。母マリアは、自分の命に代えてもいいから、どうか息子を助けてくださいと神に願ったかもしれない。

           

          「どうしてお捜しになったのですか。わたしが自分の父の家にいるはずのことを、ご存じなかったのですか」。2:49)

           私の息子が同じことをしたなら、げんこつを食らわせることを我慢できないかもしれない。しかし、少年イエスの言葉には、何かしら不思議な力があった。だからこそ、マリアも少年イエスの言葉を「心に留めていた」のだろう。

           

           「心に留める」というギリシャ語を辞書で調べると、“treasure up”(心に銘記する)と書かれていた。“宝物のように大切にしまう”という感じだろうか。母マリアは、忘れなかった。あの出来事と十二歳のイエスの言葉を、大切に心にしまっていた。だからこそ、後で思い出し、キリストの言葉の真意を理解することができた。

           

           「わたしが自分の父の家にいるはず」という少年イエスの言葉には、少なくとも三つの意味合いがあると思う。神への献身、犠牲の子羊、昇天。

           おそらく、マリアは三回ほど、あの時の少年イエスの言葉を思い起こしたのではないかと思う。一回目はキリストが「神の国は近づいた」と言って、宣教を開始した時。マリアは「あの子は神に身を献げたんだ」とイエスの献身を思ったかもしれない。

           二回目はイエスが十字架刑で死んだ時、あの子が父の家にいるはずと言ったのは、自らを罪を贖う犠牲としてささげることだったのかもしれない。

           三回目は復活されたイエスが昇天された時、父の家にいるとはそういうことだったのかと、マリアは思ったのかもしれない。

           

           我が子を十字架刑で失った時、かつてエルサレムで少年イエスを見失った時と同じように、マリアは我が子イエスを「捜した」のではないだろうか。あの子はどこに行ってしまったのかと、涙を枯らしたのではないだろうか。

           私は新共同訳聖書の少年イエスの言葉の翻訳が好きである。

          「わたしが自分の父の家にいるのは当たり前だということを、知らなかったのですか。」(2:49)

           それは「当たり前なんだ」と少年イエスは言われた。

           我が子イエスの死後に、息子を捜し求めたマリアは、「当たり前」のことに気付いただろう。あの子は父なる神のもとにいるんだと。それは当たり前のことなんだと。

           

           「知らなかったのですか」という少年イエスの言葉には、愛嬌すら感じられる。キリストを見失い、捜し求めて苦悩に苦悩を重ねることがあるかもしれない。キリストはいつでも見つけられる場所におられる。彼は「父の家」におられる。天の神の右に坐し、聖霊によって教会におられる。

           「知らなかったのですか。」それは当たり前のことなのだ。当たり前のことが大切なのだ。

            

          久居新生教会牧師 霤朕心鄂

          2018.04.18 Wednesday

          「傷跡が増える度に」ルカによる福音書2:8-20

          0

            <聖書>

             2:8さて、この地方で羊飼たちが夜、野宿しながら羊の群れの番をしていた。 2:9すると主の御使が現れ、主の栄光が彼らをめぐり照したので、彼らは非常に恐れた。 2:10御使は言った、「恐れるな。見よ、すべての民に与えられる大きな喜びを、あなたがたに伝える。 2:11きょうダビデの町に、あなたがたのために救主がお生れになった。このかたこそ主なるキリストである。 2:12あなたがたは、幼な子が布にくるまって飼葉おけの中に寝かしてあるのを見るであろう。それが、あなたがたに与えられるしるしである」。 2:13するとたちまち、おびただしい天の軍勢が現れ、御使と一緒になって神をさんびして言った、

            2:14「いと高きところでは、神に栄光があるように、
            地の上では、み心にかなう人々に平和があるように」。

             2:15御使たちが彼らを離れて天に帰ったとき、羊飼たちは「さあ、ベツレヘムへ行って、主がお知らせ下さったその出来事を見てこようではないか」と、互に語り合った。 2:16そして急いで行って、マリヤとヨセフ、また飼葉おけに寝かしてある幼な子を捜しあてた。2:17彼らに会った上で、この子について自分たちに告げ知らされた事を、人々に伝えた。 2:18人々はみな、羊飼たちが話してくれたことを聞いて、不思議に思った。 2:19しかし、マリヤはこれらの事をことごとく心に留めて、思いめぐらしていた。 2:20羊飼たちは、見聞きしたことが何もかも自分たちに語られたとおりであったので、神をあがめ、またさんびしながら帰って行った。

            口語訳聖書(1954年版) ルカによる福音書2:8-20

             ルカが描くページェント(キリスト降誕劇、降誕物語)において、ローマ皇帝の勅令による住民登録のために、町はごった返し、人々はせわしなく動いている。皆忙しいのだ。

             しかし、羊飼いたちは違った。彼らは住民登録とは無関係に行動している。羊飼いの多くは自分の羊を所有しなかった。羊を借りて世話をしていたのである。財産もなければ、家もない。しばしば、野宿をし、洞穴で夜を過ごす。

             住民登録は税を徴収するために行われた。羊飼いには徴収するべき財産などない。ローマ皇帝と帝国にとって、羊飼いたちは「数えるに値しない者」だったのである。

             

            きょうダビデの町に、あなたがたのために救主がお生れになった。」(2:21)

             ルカは羊飼いたちのために救主が生まれたと語る。そして、あなたも一人の羊飼いなのだということを伝えようとしている。

             しかし、ここで疑問が浮かんでくる。私は羊飼いほどに貧しくないし、排斥されてもいない。自分を羊飼いたちに重ねるのは、なんだか羊飼いたちに失礼な気がする。

             

             二十歳の冬に洗礼を受け、クリスマスを祝った。美しいクリスマスだった。キリストが我がためにお生まれになったことをありありと感じることができた。今はどうだろうか。

             あれから十五年経つ。癒えることのない病、絶望、死別、本当の悲しみを知った。今は、「あなたがたのために」という言葉を、以前より深く噛みしめている。絶望における希望、希望における絶望に生きる者は、だれでも一人の羊飼いなのだ。

             二十歳の頃には健康だった。夢もあった。悲しみは癒えるものだと思っていた。眠れぬ夜の苦しみを知らなかった。屋上のふちに立つ絶望を知らなかった。その時のクリスマスは、それはそれで美しかった。

             死別、病、絶望を経た人生の全体。それが「あなたがた」だ。赤ん坊が母を呼ぶように、救いを求めて泣き叫ぶ者のために、救い主はお生まれになった。消えない傷跡が増える度に、クリスマスの喜びは、静かに深くなっていく。

             

            久居新生教会牧師 霤朕心鄂

            Calendar
              12345
            6789101112
            13141516171819
            20212223242526
            2728293031  
            << May 2018 >>
            Selected Entries
            Categories
            Archives
            Recent Comment
            Links
            Profile
            Search this site.
            Others
            Mobile
            qrcode
            Powered by
            30days Album
            無料ブログ作成サービス JUGEM