2018.07.11 Wednesday

「神の笑い」詩編2:1-12

0

    <聖書>

    2:1なにゆえ、もろもろの国びとは騒ぎたち、
    もろもろの民はむなしい事をたくらむのか。
    2:2地のもろもろの王は立ち構え、
    もろもろのつかさはともに、はかり、
    主とその油そそがれた者とに逆らって言う、
    2:3「われらは彼らのかせをこわし、
    彼らのきずなを解き捨てるであろう」と。
    2:4天に座する者は笑い、
    主は彼らをあざけられるであろう。
    2:5そして主は憤りをもって彼らに語り、
    激しい怒りをもって彼らを恐れ惑わせて言われる、
    2:6「わたしはわが王を聖なる山シオンに立てた」と。
    2:7わたしは主の詔をのべよう。
    主はわたしに言われた、「おまえはわたしの子だ。
    きょう、わたしはおまえを生んだ。
    2:8わたしに求めよ、わたしはもろもろの国を
    嗣業としておまえに与え、
    地のはてまでもおまえの所有として与える。
    2:9おまえは鉄のつえをもって彼らを打ち破り、
    陶工の作る器物のように彼らを
    打ち砕くであろう」と。
    2:10それゆえ、もろもろの王よ、賢くあれ、
    地のつかさらよ、戒めをうけよ。
    2:11恐れをもって主に仕え、おののきをもって
    2:12その足に口づけせよ。
    さもないと主は怒って、
    あなたがたを道で滅ぼされるであろう、
    その憤りがすみやかに燃えるからである。
    すべて主に依り頼む者はさいわいである。

    口語訳聖書(1955年版)詩編2:1-12

     聖書には、「天に座する者は笑う」、つまり「神が笑う」と書かれている。意外に感じる人もいるだろう。ただ、人間のようににっこりしたり、微笑んだりはしない。聖書で「神が笑う」と書かれる場合、十中八九以上、「あざ笑う」という意味である。

     聖書の神様は意地悪なのか。別にそういうことではない。神は神ならぬ者が神ごとく振る舞うことを笑うのである。神をあざ笑う者を笑うのである。

     神の笑いは、ややこしい言い方だが、笑ってすむものではない。神の力に満ちた笑いは、落雷のように相手を無力化してしまう。

     

     「その油そそがれた者」(2:4)は元来「王」を意味した。イスラエル(厳密には南王国ユダ)の王の即位式に際して、神は侵攻を目論む周辺諸国とその王を笑われた。

     「油そそがれた者」はヘブライ語の原文では、「メシア」と書かれている。初めは王という意味だった。しかし、時を経て、人々はこれを歴史の終末に到来するメシア、救い主と理解するようになっていった。詩編第二編は、詩人の意図を超えて、イエス・キリストを指し示す詩となっていった。

     

     キリストの十字架における死と復活によって、神は「死」を滅ぼされた。神はこの世界に、死が絶対的な力を行使し続けることをお許しにはならなかった。最終的に、神の笑いは死そのものに向けられた。

     

     戦前にナチスと戦った神学者、ヴィルヘルム・フィッシャーは『天に座す方は笑う』という美しい論文に、次のような言葉を残している。

     

    「泣いている者たちは幸いである。

    天に座す方が笑っておられるという確かな慰めの故に。」(拙訳)

     

     彼は滅ぼされたはずの死の残存勢力が、ナチスを通して猛威を振るう様を見、多くの涙枯れ果てた人々を見てきたことだろう。それでも彼は神の勝利と笑いを信じた。世界にこだまする、神の音なき笑いを信じた。

     今も、神の笑いは、世界に響いている。私にはその笑いが聴こえるような気がするし、そう思うと少し笑えそうな気がしてくるのだ。

     

    久居新生教会牧師 霤朕心鄂

    2018.05.16 Wednesday

    「生かされた意味」詩編1:1-6

    0

      <聖書>

      1:1悪しき者のはかりごとに歩まず、
      罪びとの道に立たず、
      あざける者の座にすわらぬ人はさいわいである。
      1:2このような人は主のおきてをよろこび、
      昼も夜もそのおきてを思う。
      1:3このような人は流れのほとりに植えられた木の
      時が来ると実を結び、
      その葉もしぼまないように、
      そのなすところは皆栄える。
      1:4悪しき者はそうでない、
      風の吹き去るもみがらのようだ。
      1:5それゆえ、悪しき者はさばきに耐えない。
      罪びとは正しい者のつどいに立つことができない。
      1:6主は正しい者の道を知られる。
      しかし、悪しき者の道は滅びる。

      口語訳聖書(1955年版) 詩編1:1-6

       関根正雄という人は、「悪しき者が自分以外の人間であると考えてはならない」という趣旨のルターの発言を間接引用しつつ、次のように述べている。

      「(前略)ルター的に言えば十字架の光に照らされる時、われわれは神の前に完全な罪人として、同時に完全な義人として立つのである。」(『関根正雄著作集第十巻詩編註解(上)、新地書房、1980年、31頁』)

       義人は今回の聖書の箇所で「正しい者」と訳されているヘブライ語の直訳である。

       

       クリスチャンになるということは、罪人でなくなるということではない。「赦された罪人」になるということだ。

       「罪人」とは、必ずしも犯罪者のことを意味しない。「神に対する」罪人のことである。そして聖書は、神の子たるキリストの他に、罪人でない人間は一人もいないと教える。

       

       風に吹き去るもみ殻のごとく、滅びなければならないのは私自身なのだ。死ななければならなかったのは、私だったのだ。キリストが十字架の上で死なれたのは、滅びゆく者の救いと赦しと再生のためであった。

       

       だから、私は「赦された罪人」として生きる。私の代わりに失われたすべての命を思いながら。

       「流れのほとりに植えられた木」は、終わりの日に向かって、実を結びつつある。この身が衰え、倒れ伏そうとも、贖われた命は、自分が生かされた意味を問い続ける。

       

      久居新生教会牧師 霤朕心鄂

      Calendar
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      2627282930  
      << April 2020 >>
      Selected Entries
      Categories
      Archives
      Recent Comment
      Links
      Profile
      Search this site.
      Others
      Mobile
      qrcode
      Powered by
      30days Album
      無料ブログ作成サービス JUGEM