<< お休みのお知らせ | main | 「それが一番大事」マタイによる福音書5:6 >>
2018.09.26 Wednesday

「宴会の名人」ルカによる福音書5:33-39

0

    <聖書>

     5:33また彼らはイエスに言った、「ヨハネの弟子たちは、しばしば断食をし、また祈をしており、パリサイ人の弟子たちもそうしているのに、あなたの弟子たちは食べたり飲んだりしています」。 5:34するとイエスは言われた、「あなたがたは、花婿が一緒にいるのに、婚礼の客に断食をさせることができるであろうか。 5:35しかし、花婿が奪い去られる日が来る。その日には断食をするであろう」。 5:36それからイエスはまた一つの譬を語られた、「だれも、新しい着物から布ぎれを切り取って、古い着物につぎを当てるものはない。もしそんなことをしたら、新しい着物を裂くことになるし、新しいのから取った布ぎれも古いのに合わないであろう。 5:37まただれも、新しいぶどう酒を古い皮袋に入れはしない。もしそんなことをしたら、新しいぶどう酒は皮袋をはり裂き、そしてぶどう酒は流れ出るし、皮袋もむだになるであろう。 5:38新しいぶどう酒は新しい皮袋に入れるべきである。 5:39まただれも、古い酒を飲んでから、新しいのをほしがりはしない。『古いのが良い』と考えているからである」。

    口語訳聖書(1954年版) ルカによる福音書5:33-39

     自分が生きている間に、こんなに暗い時代が来るとは思っていなかった。嘘と不正がまかり通り、不寛容が地を覆いつくそうとしている。教会にとっても危機の時代だ。

     

     ルカによる福音書が書かれた時代も、平穏な時代ではなかった。教会の人々は散発的な弾圧や陰謀によって、しばしば投獄された。それでも信徒たちは「食べたり飲んだり」(5:33)して喜んでいた。復活のキリストが共におられると信じていたからである。だから、喜び祝った。

     

    5:35しかし、花婿が奪い去られる日が来る。その日には断食をするであろう」。

     この言葉は、やがて起こるキリストの十字架における「死」を予告している。弟子たちは完膚なきまで叩きのめされ、道を見失った。

     しかし、道は続いていた。キリストは復活し、天に昇り、聖霊において見えざるかたちで共に生きてくださるようになった。弟子たちは再び、「食べたり飲んだり」し始めた。厳しすぎる時代を、日々喜び祝いながら生きた。

     

     今もひどい時代だ。けれども、それを超えて、今は喜びの時代だ。キリストは生きている。そこに祝宴が生まれる。キリストは宴会の名人である。この方の宴会に一切はずれはない。

     

    久居新生教会牧師 霤朕心鄂

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM