<< 「宴会の名人」ルカによる福音書5:33-39 | main | お休みのお知らせ >>
2018.10.03 Wednesday

「それが一番大事」マタイによる福音書5:6

0

    <聖書>

    5:6義に飢えかわいている人たちは、さいわいである、
    彼らは飽き足りるようになるであろう。

    口語訳聖書(1954年版) マタイによる福音書5:6

     正しく生きたかった。例えば世界が琵琶湖くらい大きな肥溜めだったとして、毎日手作業で掃除するような仕事がしたかった。自分も肥溜めを汚している人間の一人だと知ったのは後のことだ。

     

    5:6義に飢えかわいている人たちは、さいわいである

     

     今は正しく生きているか?少なくとも飢え渇きの根はいやされた。イエス・キリストの死において、神が「義」を与えてくださったからである。渇きの枝はまだ残っている。正しい世界を求めている。私に義を与えられた神が、この歴史に義を打ち立てられる日を待ち望んでいる。この渇きは歴史の終末まで、私の生涯の終わりまで続くだろう。

     

     今はもう正しく生きたいと思っていない。

     以前、批評家の若松英輔さんが、「大切なのはどう生きるかではなく、何に生かされているかだ」という趣旨の発言をしていた。若松さんを生かしているものとは、「悲しみ」であったのかもしれないし、「先に逝った人」だったのかもしれない。

     私を生かしているのは、イエスという方の死だ。それが一番大事。正しいことは、加えて与えられる。

     

    久居新生教会牧師 霤朕心鄂

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM