<< お休みのお知らせ | main | 「胸がすく」テサロニケ人への第一の手紙1:1-5 >>
2017.05.10 Wednesday

「一つ二つと数えてみれば」マルコによる福音書16:19-20

0

    <聖書>

    16:19主イエスは彼らに語り終ってから、天にあげられ、神の右にすわられた。 16:20弟子たちは出て行って、至る所で福音を宣べ伝えた。主も彼らと共に働き、御言に伴うしるしをもって、その確かなことをお示しになった。

    口語訳聖書(1954年版) マルコによる福音書16:19-20

     キリストが天に上げられ、神の右の座につかれたことを次のように解き明かした牧師がいる。

     

     「支配者が支配の座につき、審判者が審判の座にのぼることであり、休むのではなく、権威を発動させる行動の開始を意味します。こうして、かつて人々が遠いところと考え、また事実、人々の上に閉ざされていた天は、きわめて親しいところとなったのです。

    『マルコ福音書講解説教』、渡辺信夫、新教出版社、1973年

     

     ポイントは二つある。一つは、キリストが神の右の座に座られたのは、一件落着ということではなく、逆に「行動の開始」であったこと。二点目はキリストがおられることによって、天が「きわめて親しいところ」となったことである。

     あの時行動を開始したキリストは、我々の一人ひとりを通して、今日も天から働いておられる。だから、天はにっこりと我々に微笑む。小降りの雨のときも。

     

     「御言葉に伴うしるし」とは、「奇跡」のことである。弟子たちの宣教の言葉が真実であることを、キリストが奇跡を与えることによって確証するのだという。

     「奇跡」とは、必ずしも自然の理(ことわり)を超えた出来事や、偶然の一致を意味しない。占いや霊能力(そもそも聖書はそんなものを認めてはいないが)とも関係ない。我々の身近で起こる、最も大いなる奇跡とは、「一人の人間が信じ、救われること」である。神が救いたもうことである。超常現象などそれに比べれば小さな出来事に過ぎない。

     しかし、このような奇跡は、神の目には大きく、人間の目には小さく映る。そして、奇跡というものは控え目で謙虚なので、よく目を凝らさないと姿を見せてくれない。だから、信仰の眼(まなこ)を凝らすのだ。

     人目を引くような奇跡はいらない。大切なのは、目を凝らせばそこら中に散りばめられているような、地味で小さな奇跡である。一つ、二つと数えてみれば、「しるし」が胸に沁みとおる。イエスという方が、今日も生きているのだ。

     

    久居新生教会 牧師 霤朕心鄂

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM