<< 「神と人間と世界の秘密」テサロニケ人への第一の手紙4:13-18 | main | お休みのお知らせ >>
2017.08.02 Wednesday

「壁の向こうへ」ヨナ書4:1-11

0

    <聖書>

    4:1ところがヨナはこれを非常に不快として、激しく怒り、 4:2主に祈って言った、「主よ、わたしがなお国におりました時、この事を申したではありませんか。それでこそわたしは、急いでタルシシにのがれようとしたのです。なぜなら、わたしはあなたが恵み深い神、あわれみあり、怒ることおそく、いつくしみ豊かで、災を思いかえされることを、知っていたからです。 4:3それで主よ、どうぞ今わたしの命をとってください。わたしにとっては、生きるよりも死ぬ方がましだからです」。 4:4主は言われた、「あなたの怒るのは、よいことであろうか」。 4:5そこでヨナは町から出て、町の東の方に座し、そこに自分のために一つの小屋を造り、町のなりゆきを見きわめようと、その下の日陰にすわっていた。

    4:6時に主なる神は、ヨナを暑さの苦痛から救うために、とうごまを備えて、それを育て、ヨナの頭の上に日陰を設けた。ヨナはこのとうごまを非常に喜んだ。 4:7ところが神は翌日の夜明けに虫を備えて、そのとうごまをかませられたので、それは枯れた。 4:8やがて太陽が出たとき、神が暑い東風を備え、また太陽がヨナの頭を照したので、ヨナは弱りはて、死ぬことを願って言った、「生きるよりも死ぬ方がわたしにはましだ」。 4:9しかし神はヨナに言われた、「とうごまのためにあなたの怒るのはよくない」。ヨナは言った、「わたしは怒りのあまり狂い死にそうです」。 4:10主は言われた、「あなたは労せず、育てず、一夜に生じて、一夜に滅びたこのとうごまをさえ、惜しんでいる。 4:11ましてわたしは十二万あまりの、右左をわきまえない人々と、あまたの家畜とのいるこの大きな町ニネベを、惜しまないでいられようか」。

    口語訳聖書(1955年版) ヨナ書4:1-11

     私は貧困について語ることができない。それは貧しい人と共に暮らし、その困窮に腹を痛めた身体的経験がないからだ。痛みの伴わない同情は、時に残酷である。

     

     ヨナは神の「惜しむ心」を体得するために、とうごまの木を失わなければならなかった。神がヨナをからかうようにしてとうごまの木を枯らしたことに、ヨナは本気で怒っている。「狂い死にそう」なほどに、とうごまの木を惜しんでいる。文字通り、はらわたが煮えくり返るような、深く身体的な怒りだったのだろう。

     あなたのはらわたが煮えくり返るのなら、滅びつつあったニネベの人たちのために、どれだけ私が腹を痛めていたか分かるだろう、と神は語りかける。

     

     まさしく、その点がヨナの怒りの淵源(えんげん)であった。とうごまの木のことは表層の問題に過ぎない。腹を痛めるほどの「惜しむ心」を、神が異邦の町ニネベに向けていることを、ヨナは許せなかったのだ。ヨナにとって、救われるべきはイスラエルの民(旧約聖書の民)であり、異邦人(外国人)ではなかった。

     我々の内なる大審問官は、あの人は素晴らしい、あいつは救われないだろうと、勝手に心の中で宗教裁判を行っている。救いからの脱落者という烙印こそが、実は救いのしるしなのである。

     

     神の「惜しむ心」は門の外に立つ人に向けられている。神の心は、我々の思うままにならないからこそ素晴らしい。どこまでも自由で、壁の向こうにも飛んでいける。我々が行けないところにも届く。

     たぶん、あの人も、あの人も、大丈夫だろう。神さまは自由だから。我々のあきらめなど笑って、壁を飛び越えてしまうことだろう。

     

    久居新生教会 牧師 霤朕心鄂

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM