<< 「川下に向かって」テサロニケ人への第一の手紙5:16-22 | main | 「夕となりまた朝となった」創世記1:1-5 >>
2017.09.13 Wednesday

「タカイタカイ」テサロニケ人への第一の手紙5:23-28

0

    <聖書>

    5:23どうか、平和の神ご自身が、あなたがたを全くきよめて下さるように。また、あなたがたの霊と心とからだとを完全に守って、わたしたちの主イエス・キリストの来臨のときに、責められるところのない者にして下さるように。 5:24あなたがたを召されたかたは真実であられるから、このことをして下さるであろう。

    5:25兄弟たちよ。わたしたちのためにも、祈ってほしい。

    5:26すべての兄弟たちに、きよい接吻をもって、よろしく伝えてほしい。 5:27わたしは主によって命じる。この手紙を、みんなの兄弟に読み聞かせなさい。

    5:28わたしたちの主イエス・キリストの恵みが、あなたがたと共にあるように。

    口語訳聖書(1954年版) テサロニケ人への第一の手紙5:23-28

     

     わが子との遊びに、「タカイタカイ」の変形がある。子どもの脇を抱えて持ち上げる。ここまでは普通のタカイタカイと同じだ。それから子どもの両足を私の両肩にのせる。子どもは立ち上がって天井に触る。

     ゆっくり降りて来てくれるとありがたいのだが、わが子はなぜか頂点から胸めがけて飛び降りる。当然両腕で抱き留めなければならない。そのうち腰を痛めるかもしれない。

     子どもが飛び降りるのは、親が抱きとめてくれることを信じているからだ。「信じる」ということはある面で、「幼子のようになること」だ。父の腕の中に飛び込むことだ。

     

     「全くきよめられる」、「責められるところのないもの」になるなんて無理だと思う人もいるだろう。けれども、神が求めておられるのは、人間の目から見て非の打ちどころのない人になることではない。「神の目の前に」非の打ちどころのない人となることである。

     神が求めるのは、イエス・キリストを信じて救われること、その救いによって新たにされていくことだ。それが「完全」ということだ。その歩みは世界の終わりまで、あるいは人生の終末まで続く。

     

     「5:24あなたがたを召されたかたは真実であられるから、このことをして下さるであろう。」神は真実な方だから、この方の腕に身を投げようと思う。少し怖いが、大丈夫だ。キャッチしてくださる。

     生きていく中で、不完全すぎる自分の姿に打ちのめされる。だからこそ、今、神に委ねるということをもっと深く知りたい。飛び降りるのに必要なのは勇気よりも信頼だ。信頼できるのは神が真実な方だからだ。飛び降りた後の行き先は、この方にまかせる。

     

    久居新生教会 牧師 霤朕心鄂

    コメント
    コメントする