<< 「夕となりまた朝となった」創世記1:1-5 | main | 「神のかたち」創世記1:6-31 >>
2017.09.27 Wednesday

「メロディー」ルカによる福音書1:1-4

0

    <聖書>

     1:1わたしたちの間に成就された出来事を、最初から親しく見た人々であって、 1:2御言に仕えた人々が伝えたとおり物語に書き連ねようと、多くの人が手を着けましたが、 1:3テオピロ閣下よ、わたしもすべての事を初めから詳しく調べていますので、ここに、それを順序正しく書きつづって、閣下に献じることにしました。 1:4すでにお聞きになっている事が確実であることを、これによって十分に知っていただきたいためであります。

    口語訳聖書(1954年版) ルカによる福音書1:1-4

     「確実」と訳されたギリシャ語の単語には、「真相」という意味がある。もしかすると、口頭でイエス・キリストについての話を聞いたテオフィロなる人物は、それを不確かな「噂話」のように感じたのかもしれない。そこでルカは「噂の真相」を明らかにすべく、福音書の執筆に着手したわけだ。

     

     「わたしたちの間に成就された出来事」、福音書の最初の言葉、ここにはかすかだが優しく確かな喜びの歌がある。「成就された出来事」とはキリストの降誕、言葉と業、十字架と復活、昇天のことである。ルカにとっては「過去の出来事」のはず。しかし、ルカは「わたしたちの間に」と言う。

     それは「かつて」成就したが、「今」喜びの源泉としてそこにある。ルカは柔らかな眼差しをもってその泉を見つめている。湧き出す水を口にしながら、イエス・キリストの歴史を、福音書として書き始めるのだ。

     

     聖書に聴くことは、聖書の世界を旅することである。その旅の間中、ルカの小さな喜びの歌は、底流で響き続けることだろう。

     

    久居新生教会牧師 霤朕心鄂

    コメント
    コメントする