<< 「祝福の正体」ルカによる福音書1:39-46 | main | 「糸電話」ルカによる福音書1:57-66 >>
2018.03.07 Wednesday

「大貧民」ルカによる福音書1:46-56

0

    <聖書>

      1:46するとマリヤは言った、

    「わたしの魂は主をあがめ、
    1:47わたしの霊は救主なる神をたたえます。
    1:48この卑しい女をさえ、心にかけてくださいました。
    今からのち代々の人々は、わたしをさいわいな女と言うでしょう、
    1:49力あるかたが、わたしに大きな事をしてくださったからです。
    そのみ名はきよく、
    1:50そのあわれみは、代々限りなく
    主をかしこみ恐れる者に及びます。
    1:51主はみ腕をもって力をふるい、
    心の思いのおごり高ぶる者を追い散らし、
    1:52権力ある者を王座から引きおろし、
    卑しい者を引き上げ、
    1:53飢えている者を良いもので飽かせ、
    富んでいる者を空腹のまま帰らせなさいます。
    1:54主は、あわれみをお忘れにならず、
    その僕イスラエルを助けてくださいました、
    1:55わたしたちの父祖アブラハムとその子孫とを
    とこしえにあわれむと約束なさったとおりに」。

    口語訳聖書(1954年版) ルカによる福音書1:46-56

     

     トランプのゲームで「大富豪」というものがある。逆に「大貧民」と呼ぶ地方もある。このゲームには「革命」という手があって、同じカードを四枚切るとこれが起こる。最も強いカードは最も弱いカードに、最も弱いカードは最も強いカードになる。すべての秩序が逆転する。序盤に有利だった者は不利に、勝ち目のなかった者が最強になる。

     

     キリストは神の子であって革命家ではない。イエスという方との出会い自体が、命の革命なのだ。その時、人は神の国の逆転を先取りしているのだ。病は宝に、悲しみは約束となり、損なわれ続けた者たちは誉れを受ける。

     

     自分の人生は当然自分のものだと思っていた。けれども、イエスという方は人生の十字路で待っていた。私はこの人のために生きることにした。あまりにも多く赦されたからだと思う。

     この方との邂逅だけが、私のしがない人生における革命である。

    1:51主はみ腕をもって力をふるい、
    心の思いのおごり高ぶる者を追い散らし、
    1:52権力ある者を王座から引きおろし、
    卑しい者を引き上げ、
    1:53飢えている者を良いもので飽かせ、
    富んでいる者を空腹のまま帰らせなさいます。

    久居新生教会牧師 霤朕心鄂

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM