<< 「大貧民」ルカによる福音書1:46-56 | main | お休みのお知らせ >>
2018.03.14 Wednesday

「糸電話」ルカによる福音書1:57-66

0

    <聖書>

      1:57さてエリサベツは月が満ちて、男の子を産んだ。 1:58近所の人々や親族は、主が大きなあわれみを彼女におかけになったことを聞いて、共どもに喜んだ。 1:59八日目になったので、幼な子に割礼をするために人々がきて、父の名にちなんでザカリヤという名にしようとした。 1:60ところが、母親は、「いいえ、ヨハネという名にしなくてはいけません」と言った。 1:61人々は、「あなたの親族の中には、そういう名のついた者は、ひとりもいません」と彼女に言った。 1:62そして父親に、どんな名にしたいのですかと、合図で尋ねた。 1:63ザカリヤは書板を持ってこさせて、それに「その名はヨハネ」と書いたので、みんなの者は不思議に思った。 1:64すると、立ちどころにザカリヤの口が開けて舌がゆるみ、語り出して神をほめたたえた。 1:65近所の人々はみな恐れをいだき、またユダヤの山里の至るところに、これらの事がことごとく語り伝えられたので、 1:66聞く者たちは皆それを心に留めて、「この子は、いったい、どんな者になるだろう」と語り合った。主のみ手が彼と共にあった。

     

    口語訳聖書(1954年版) ルカによる福音書1:57-66

     

     「主のみ手が彼と共にあった」という言葉は、「神の行為と計画」を意味する。やがて、神の計画が、洗礼者ヨハネの生涯を通して遂行されるということである。

     「神の言葉が歴史となる。」私の恩師はそう語った。旧約聖書の預言は単に将来起こることを言い当てているのではない。神の言葉が歴史を形成したのだ。

     

     言葉が歴史を形成する。我々は今、「公文書の改竄」という国家の根幹を揺るがす事件に立ち会っている。記録の改ざんは歴史の改竄である。歴史がどのようにして改竄されるのか、よく分かった。

     都合の悪い事実から目を背け、小さい命が失われてもかえりみることのない猛毒を、誰もが心に宿している。洗礼者ヨハネの時代もそうだった。彼はヘロデとその妻子という権力者の企みと戯れにより、何の罪もなく斬首となった。しかし、神の計画は頓挫するどころか前進し、イエス・キリストの十字架へと向かった。

     

     「その名はヨハネ」とは、もともと天使がザカリヤに告げた言葉である。彼はこれを信じなかったため、天使に耳が聴こえず、口もきけない状態にされてしまった。「その名はヨハネ」とは、天使を通して語られた神の言葉であり、ザカリヤ自身の信仰告白でもあるのだ。彼の言葉はユダヤの山里に告げ広められ、人々はこの赤ん坊において将来実現することに思いをはせた。

     

     「神の言葉が歴史となる。」教会にとって神の言葉とは、イエス・キリストご自身、聖書、宣教の言葉である。一人一人が告げる福音を通して、神は歴史を形成される。我々が聖書のはなしをする時、歴史の形成に参与しているのだ。

     自分の言葉をあなどっていけない。それは神が歴史に関わられるための、糸電話なのだ。

     

    久居新生教会牧師 霤朕心鄂

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM