<< お休みのお知らせ | main | 「足元に目を落とせば」ヨハネによる福音書21:15-19 >>
2018.03.28 Wednesday

「盲点の中」ヨハネによる福音書19:31-37

0

    <聖書>

     19:31さてユダヤ人たちは、その日が準備の日であったので、安息日に死体を十字架の上に残しておくまいと、(特にその安息日は大事な日であったから)、ピラトに願って、足を折った上で、死体を取りおろすことにした。 19:32そこで兵卒らがきて、イエスと一緒に十字架につけられた初めの者と、もうひとりの者との足を折った。 19:33しかし、彼らがイエスのところにきた時、イエスはもう死んでおられたのを見て、その足を折ることはしなかった。 19:34しかし、ひとりの兵卒がやりでそのわきを突きさすと、すぐ血と水とが流れ出た。 19:35それを見た者があかしをした。そして、そのあかしは真実である。その人は、自分が真実を語っていることを知っている。それは、あなたがたも信ずるようになるためである。 19:36これらのことが起ったのは、「その骨はくだかれないであろう」との聖書の言葉が、成就するためである。 19:37また聖書のほかのところに、「彼らは自分が刺し通した者を見るであろう」とある。

    口語訳聖書(1954年版)ヨハネによる福音書19:31-37

     

     人間の視界には「盲点」と呼ばれる領域が存在する。例えば、白紙に小豆ほどの大きさの黒点を書いて盲点の位置に持って来ると、黒点は消えてしまう。正確に言えば、見えなくなる。盲点の領域にあるものを、人は見ることができないのだ。

     不思議なことは、黒い点を書いた紙を顔の前からどかせたとき、盲点のあたりの景色がちゃんと「見えているように感じる」ことである。これはなぜか。脳が本人の意志に関係なく、視覚情報を「補正」しているからである。補っていると言った方がよいだろうか。本当は見えていないのだが、脳が「あるはずのもの」を補っているのである。だから、普段人は自分の盲点を意識することなどほとんどない。白紙上の黒点が、我々の実感に反して、盲点の存在という事実を突きつけるのみである。

     

    19:37また聖書のほかのところに、「彼らは自分が刺し通した者を見るであろう」とある。

     私は自分が突き刺した人を見たくない。いや、私はきっと無意識に自分が突き刺した者を、盲点に押しやっているだろう。自分が傷つけ、損なってしまった人たちのことを。

     私だけではない。多かれ少なかれ、私が出会ってきた人々は皆、自分に都合の悪いことを、自動的になかったことにする機構を、脳内に持っていた。なぜ人間の脳がこのような機能を持つようになったのか、理由の類推は難しくない。心がもたないからだ。自分の罪責を直視することは、精神を崩壊させるリスクを伴うからだ。だから、我々の脳は、無断でそっと都合の悪い情報を盲点に隠すのである。

     

     「19:37彼らは自分が刺し通した者を見るであろう。」この言葉は、旧約聖書ゼカリヤ書12:10からの引用である。

    わたしはダビデの家およびエルサレムの住民に、恵みと祈の霊とを注ぐ。彼らはその刺した者を見る時、ひとり子のために嘆くように彼のために嘆き、ういごのために悲しむように、彼のためにいたく悲しむ。」(ゼカリヤ書12:10)

     「恵みと祈りの霊」は「聖霊」と言い換えてもよいだろう。神の霊を注がれる時、人は初めて自分が刺し貫いた者を、認識するのだ。

     福音書記者ヨハネは、「その刺した者」をキリストのことと理解して、引用している。預言者ゼカリヤは、人々が自分たちの刺し貫いた者を見る時、「ひとり子のために嘆くように彼のために嘆き、ういごのために悲しむように、彼のためにいたく悲しむ」と語っている。

     

     聖書を読み、礼拝に行き、説教を聞くことの不思議は、どうも自分の罪責のために死んだ方がいるということ、自分がこの方を突き刺したのだということが、受容されることであり、この方の死に心を痛めるということが起こることである。

     イエスという方は、我々の盲点に隠れている。だから見失うことも多いのだ。盲点に隠れているのは、イエスという方を刺し貫いたという罪責だけではない。

     19:34しかし、ひとりの兵卒がやりでそのわきを突きさすと、すぐ血と水とが流れ出た。

     キリストの「血と水」は、永遠の命を与える血と水である。目をそむけたくなる場所に、心から望むものがある。

     

    久居新生教会 牧師 霤朕心鄂

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM