<< 「盲点の中」ヨハネによる福音書19:31-37 | main | 「黒い土にまみれて」ルカによる福音書2:1-6 >>
2018.04.04 Wednesday

「足元に目を落とせば」ヨハネによる福音書21:15-19

0

    <聖書>

     21:15彼らが食事をすませると、イエスはシモン・ペテロに言われた、「ヨハネの子シモンよ、あなたはこの人たちが愛する以上に、わたしを愛するか」。ペテロは言った、「主よ、そうです。わたしがあなたを愛することは、あなたがご存じです」。イエスは彼に「わたしの小羊を養いなさい」と言われた。 21:16またもう一度彼に言われた、「ヨハネの子シモンよ、わたしを愛するか」。彼はイエスに言った、「主よ、そうです。わたしがあなたを愛することは、あなたがご存じです」。イエスは彼に言われた、「わたしの羊を飼いなさい」。 21:17イエスは三度目に言われた、「ヨハネの子シモンよ、わたしを愛するか」。ペテロは「わたしを愛するか」とイエスが三度も言われたので、心をいためてイエスに言った、「主よ、あなたはすべてをご存じです。わたしがあなたを愛していることは、おわかりになっています」。イエスは彼に言われた、「わたしの羊を養いなさい。 21:18よくよくあなたに言っておく。あなたが若かった時には、自分で帯をしめて、思いのままに歩きまわっていた。しかし年をとってからは、自分の手をのばすことになろう。そして、ほかの人があなたに帯を結びつけ、行きたくない所へ連れて行くであろう」。 21:19これは、ペテロがどんな死に方で、神の栄光をあらわすかを示すために、お話しになったのである。こう話してから、「わたしに従ってきなさい」と言われた。

    口語訳聖書(1954年版)ヨハネによる福音書21:15-19

     

     ペテロは確かにキリストを愛している。しかし、同時に愛せないことも知っている。かつて、ペテロは「あなたのためには、命も捨てます」と断言した。決意は貫徹されなかった。彼は三度キリストを知らないと言い、逃げ出した。

     

     聖書における罪とは神に対する背きのことであるが、それは時として「背筋が凍るような愛の欠如」として現れる。ペテロは内なる氷の刃に気付いてしまった。彼はキリストを愛している。同時に愛していない。

     

     復活のキリストが三度「わたしを愛するか」と問われる度に、ペトロは打ち砕かれた。「心を痛めた」。本当に痛かったのである。キリストの三度の問いかけは、ペテロの罪に対する容赦のない裁きである。同時に、ペテロの三度の否認を打ち消す、限りのない赦しである。

     神の裁きと赦しにおいて、ペテロは愛しているのに愛せない自分を知った。ここから彼の「再生」が始まる。不思議なことに、愛せないことを知った者こそが、神と人を愛する者へと、変えられていくのである。

     

    しかし年をとってからは、自分の手をのばすことになろう。そして、ほかの人があなたに帯を結びつけ、行きたくない所へ連れて行くであろう」。21:18

     この言葉は、ペトロがやがて十字架に架けられて死ぬことを予告している。実際に、彼はローマ皇帝ネロの迫害によって殉教したと伝えられている。

     私は殉教を礼賛するつもりはない。ただ、ペテロの死は、イエスという方に対する愛故の死だったのだと思う。天寿を全うして神の栄光を現す人もいるだろう。どちらにしても、大切なことは、命そのものを神への愛として燃焼し切ることである。

     

     ペテロの再生の始まりに際して、キリストは言われた。

    わたしに従ってきなさい。」(21:19

     己の罪を知らないペテロはもういない。愛する方の裁きと赦しによって、彼はもう新しい道を歩いている。

     

    久居新生教会 牧師 霤朕心鄂

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM